他に関連する情報

これからルームシェア生活を始めるにあたって、コミュニケーションを重視する場合、リビングの配置や敷地面積に気を配って物件を探すのがおすすめの方法と言えます。例えば、個室の出入り口に面したところにリビングがあると、入居者同士が顔を合わせる機会が自然に増えて、コミュニケーションを取りやすくなることが期待されます。また、「友人を招き入れてホームパーティーをしたい」などの願いを実現するためには、広いリビングのある物件を選ぶと良いでしょう。

次に、衣服や趣味のものなど、荷物が多いので、広い収納スペースを確保したいという人も存在します。そのような願いを叶えるためには、同居人数分の個室の他に、もう1部屋ある物件を選択するという方法があります。こちらは、それぞれの個室に加えて、共同使用の収納スペースを確保することのできる物件です。当然ながら、1部屋多い分だけ、賃料は高く設定されていますが、一般の賃貸物件と違って、ルームメイトと一緒に支払う分だけ、負担は軽くなります。また、共用の収納スペースを使用するにあたって、一人ひとりの専用スペースを確保するためには、パーティションや本棚などで空間を仕切ると良いでしょう。

しかし、確実に一人ひとりの専用スペースを確保したい場合は、ルームシェアと似たシェアハウスというものがあります。一人暮らしと違い、月々にかかる費用も同じように抑えられる特長があります。また、ルームシェアのように共同生活をすることができます。シェアハウスの情報も参考にしてみてはいかがでしょうか。