重視する条件について

ルームシェアの可能な物件を探す上で、重視する条件は、人それぞれに違いがあります。それらの条件によって、適切な部屋探しの方法にも違いが生じてくることとなります。

例えば、お互いのプライバシーを尊重したいと考えるのであれば、2LDKや3LDKの間取りになっている物件を利用するのがおすすめの方法です。こちらは、それぞれの部屋にパーティションが設けられているケースが多く、プライベートの時間を過ごしやすいようにとの配慮がなされています。また、個室の間に、リビングやダイニングなどの共用スペースが設けられていると、物音や人の気配が伝わりにくく、プライバシーの保持率が高くなります。そして、玄関やトイレへ行く時に、ルームメイトの部屋の前を通らず、直行することができるよう、間取りに工夫を凝らすことも大切です。ただし、いかにプライバシーを尊重したいからと言っても、同居人とのコミュニケーションが不足すると、トラブルの発生するリスクが高くなるので、気をつける必要があります。

次に、ルームメイトと一緒に過ごす時間を大切にして、大勢でにぎやかに暮らしたい場合には、リビングルームの配置や広さにこだわりを持って部屋探しをするのがおすすめです。